新幹線乗車券をお得にゲット!

新幹線乗車券を使いこなそう!

購入した新幹線乗車券を落としてしまったら…?

購入した新幹線乗車券を落としてしまったら…? 新幹線乗車券は改札を出るまで決して落としてはなりません。
万が一落としてしまった場合は降りる駅にて全額正規の料金にて買い直しというのが鉄道会社共通のルールです。なお、買い直した時の記録は残しておく必要があります。
もし落としたものが出てきたら、その新幹線乗車券と記録を持っていけば、鉄道会社は返金に応じてくれます。金額が大きいと影響は甚大です。
飛行機では、同じ機体に乗った人は皆同じ行き先まで行くため、降りるときには搭乗券の回収は行わないのですが、新幹線の場合は同じ列車に乗った人の行き先は皆バラバラであり、降りる際の確認が必須であるというのが回収の理由となります。
なお、エクスプレス予約でチケットレスで乗車した場合は、入場時に出てくる紙切れは切符ではなく、あくまで便名と座席番号を連絡するためだけのメモのようなものですので、下車の際は必ずICカードをタッチする必要があります。
紙切れは廃棄しても問題ありません。

新幹線乗車券と特急券!なぜ二枚必要なの?

新幹線乗車券と特急券!なぜ二枚必要なの? 無くすかもしれないとか、よく似ていて紛らわしいとか思うこともありますので、新幹線に乗る場合の切符は一枚でよいではないか、という声があっても無理はありません。
しかし、目的が違うので二枚あるのは仕方がないのです。なお、例外的に新幹線乗車券・特急券が一枚になっていることがありますが、これは回数券です。
目的ですが、新幹線乗車券はこれだけで普通列車とか快速列車を乗り続けて目的地に行ける権利を指します。
新幹線の停車駅でない駅、例えば新宿とか大阪とかでの乗車または降車にも対応しています。よって、目的地まで無くしてはならないのです。
一方の特急券は新幹線という速い乗り物を乗る権利を指します。よって、新幹線の駅までは使う必要がなく、新幹線を下車した駅で回収されることになっています。
もしトラブルがあり、予定していた新幹線に乗れないということが分かった時点で、列車の出発前に限り駅の窓口で指定の変更を受け付けてくれます。
その時に特急券を係員に渡して1回だけ無料で再発行してもらいます。