新幹線乗車券をお得にゲット!

新幹線乗車券を使いこなそう!

新幹線乗車券をお得に購入する方法

新幹線乗車券をお得に購入する方法 新幹線乗車券をお得に買うには金券ショップで回数券のバラ売りを購入するのが最も知られた方法ですが、大都市でないと金券ショップを見つけるのが困難ですので、万人向けではありません。
東海道、山陽新幹線を年2回以上使うのであれば、鉄道会社のエクスプレス会員になるのが最も確実に安いレートで新幹線に乗れます。年会費を払ってでも安上がりになります。
会員本人限定でEX-ICサービスと呼ばれるチケットレス予約があり、ひかり号・こだま号など人気がない便を3日前予約が必要、といった条件付きで安く乗れるのが魅力的です。
ひかり号であれば、東京から大阪まではのぞみ号の所要時間の30分プラスくらいです。
ただ、EX-ICサービスは新幹線の駅同士の区間での割引であり、在来線に乗り換える場合は普通に新幹線乗車券を購入した方が安くなるケースもあります。
ただ、発車時刻までは何回も無料で座席予約をスマートフォンやパソコンで変更でき、好きな座席を選べるのは大きな魅力です。

新幹線乗車券の正しい購入方法

新幹線乗車券の正しい購入方法 新幹線乗車券の購入方法で最も簡単な方法は、駅の有人窓口で購入することです。
発着駅を指定すれば、駅員が適切な切符を発券してくれます。現金かクレジットカードで購入できます。
窓口が混み合っている場合は、自動販売機を利用してもいいのですが、新幹線が通っている駅を越えて、在来線のみの駅を指定する場合は、操作が難しい場合があります。
自信がない場合は避けるといいでしょう。既に在来線の乗車券のみを保有している場合、新幹線の自由席の切符が必要な場合は、希望の新幹線の区間を指定するだけでいいので、とても簡単にできます。
新幹線乗車券は、駅以外でも購入できます。比較的大きい店舗の旅行会社であれば、新幹線乗車券の購入手続き用の端末が用意されていますので、駅の窓口と同様に購入できるでしょう。
JRのサイトや電話での購入方法もありますが、決済手続きがクレジットカードのみだったり、有料の会員登録が必要だったりしますので、思い立った時にすぐ購入するのは難しい場合があるでしょう。
大勢の人数で新幹線乗車券を利用する場合は、回数券を購入するといいでしょう。窓口でも購入できますし、金券ショップで販売されていることもあります。
金券ショップの中には、駅の近くや、駅前に自販機を設置している場合があり、価格が安めに設定され利用しやすいでしょう。